3つの課題に挑戦

世界に誇れる日本へ
自ら身を切る改革”を進めます

私は、内戦直後のアンゴラの地雷除去や、アフガニスタンの難民支援に携わる中、内戦や紛争の背後には、必ず政治家や官僚の腐敗があることを痛感してきました。

「政治が抱える問題は政治家自身の問題に集約される」「国民の幸せのためには、政治家が常に範を示し、国民の納得と信頼を得ることが不可欠」と確信しています。

全世代型社会保障の実現をめざし、消費税率10%への引き上げに向け今こそ、国会議員自らが痛みを伴う「身を切る改革」を断行し、覚悟を示すべきです。その実現へ先頭に立って闘います。

世界で勝てる日本へ
外需、訪日外国人客を拡大します

少子高齢化、人口減少が進む中でも、経済を成長させていくためには、優れた日本の技術や農林水産物・食品をもっと海外へ売り込む必要があります。これまで私は、福島県産の食品のブラジルへの輸出解禁に尽力しました。こうした経験を生かし日本企業の海外進出を後押しし、経済活性化に力を尽くします。

一方、兵庫県では観光資源の魅力発信やWi―Fi環境の整備などを促進。神戸港のクルーズ船増便や神戸空港への国際線就航を実現し、インバウンド(訪日外国人客)の大幅アップをめざします。

世界をリードする日本へ
「女性が輝く社会」を構築します

私は、途上国を支援する政府開発援助(ODA)の政策立案を担当。2015年には世界各地の女子教育を支援する日米共同プロジェクトにも携わりました。

「女性が輝く社会」の構築は、世界の潮流です。しかしながら、企業役員や政治家における女性比率、男女間の所得格差など、日本の現状は立ち遅れています。打開策の実行は待ったなしです。

仕事と子育て、仕事と介護の両立を視野に入れた長時間労働の是正、柔軟な休暇取得の促進など「働き方改革」と、保育士や介護従事者の待遇改善に全力を尽くします。